2008年05月26日

破産宣告する前に

言葉は知られていても意外と内容が不明な用語に「破産」があります。
消費者金融から返しきれない借金を背負った時や、限界を超えたショッピングローンを組んだ時などに発生します。

自分の全財産を充ててもすべての債務を弁済できなくなった場合に、裁判所へ手続きをする事です。
借金の返済を請求できる人達が、借金をした人の財産を強制的に金銭に変えて分配するものです。
債権者あるいは債務者が裁判所に破産の申し立てを行うことが破産宣告の開始です。

破産宣告を受けるには、裁判所によって破算宣告すべきかの審理を通らなければなりません。
破産宣告が裁判所によってなされると、破産管財人が選任されます。
破産管財人は、債権者に分配されることになる破産者の総財産を管理する人です。
分配するべき財産を金銭に変え、分配します。

債務者が自ら申し立てる破産のことを自己破産と呼んでいます。
借金を返済するどころではなく、破産手続きの費用もない人が自己破産の申し立てをしてくる場合も存在します。
裁判所は破産管財人を出さず、破産宣告と同時に破産手続を終了させます。
宣告と手続きを一緒に行うことから、破産の同時廃止といいます。
タグ:破産宣告
posted by お助けマン at 05:56| 破産宣告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。