2008年06月04日

キャッシングで破産手続きをしないために

キャッシングしすぎて破産手続きをした人は少なくありません。
破産申請が認められると、一定の財産以外は強制執行の対象になります。
ですが、破産したことによって返済義務を全て放棄できることはなく、貸した側に対して一定の返済義務は残ります。

破産手続き後の収入は基本的には保護されますが、債権者側が未だ債権を持っているならば、それらも強制執行するという場合も存在します。

誠実な債務者を救うために免責という制度も設けられています。
免責の申立てが認められると、破産者が破産宣告前に負担した債務は支払う責任がなくなります。
例外規定は存在し、罰金や税金は支払わなくてはなりません。
免責が認められた場合、破産により喪失した資格などは回復します。

借金が膨らみ返済不能に陥っている人たちからすれば、破産免責手続きを取るという方法は現状から脱却する救済策です。
けれど、可能なうちは返済に励みましょう。

奥の手を使うのは、本当にどうにもならない時だけです。
例えば、民事調停法には債務整理として特定調停法がありますので、詳しい人に相談してみましょう。
破産になる前に立ち直る方法をまず検討してみることが賢明でしょう。
ラベル:破産
posted by お助けマン at 22:57| 破産宣告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。