2008年06月04日

借金時効の相談をする相手

時効について詳しく知りたい場合、その道のプロなら心強いです。
時効については専門的な用語や法律が様々に決まっており、中断や放棄といった例外項目もあるため、素人には理解しがたい部分もあります。

相手方が強引に自説を通そうとした時、知識に自信がなかったために反論しきれなかったりするかもしれません。
時効の手続きを進めるときにわかりにくいことがあったら、その道のスペシャリストをに頼みましょう。
行政書士事務所に依頼すれば時効を援用する際の内容証明郵便の書き方がわかりますし、相手との交渉や訴訟が関係する問題に直面したなら、弁護士を頼りましょう。

友達や親族に弁護士、行政書士の仕事についている人がいるなら、色々とアドバイスを頼んでもいいです。
借金の時効を成立させる上で、弁護士は心強いサポート役になってもらえます。
訴訟事でも安心して頼れるでしょう。

弁護士に頼むというと敷居の高さや依頼料の問題が気になるかもしれません。
電話の無料相談や、インターネットでのメール相談が可能なところもあります。
必要ならばそれらを活用するといいでしょう。

消滅時効を援用するには内容証明郵便を作成し相手に送る必要がありますが、行政書士はその方面のプロフェッショナルです。
専門家の後ろ盾があるだけでも、相手側との借金時効の交渉にはかなり心強い助けとなります。
無料相談などを受けているところを探し、利用するといいでしょう。
ラベル:借金時効
【関連する記事】
posted by お助けマン at 23:05| 借金時効 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。